育毛メソセラピーに含まれる成分や効果について

近年、対人関係のストレスや偏った食事などが原因で若いうちから薄毛や脱毛症に悩む人が増えており、また就職活動や婚活の一環として第一印象をより良くする為に外見にお金をかけるという人も多く、そういった中で老若男女問わず育毛や植毛のニーズは増加しています。
昔は育毛といえば他人に隠れてコソコソやるもの、後ろ暗いものといったイメージがありましたが、最近はテレビでも育毛治療のコマーシャルが当たり前にオンエアされていたりと、よりカジュアルなイメージが定着しつつあります。
では、その中でも最近注目を浴びている育毛メソセラピーとは果たしてどういった治療方法なのでしょうか。

メソセラピーとは体内に注射器等で医療薬を投与し、様々な効果を得る治療方法です。
育毛の場合、幹細胞から抽出したタンパクを用いますが、この幹細胞から抽出したタンパクには、VEGF(血管内皮成長因子)やIGF-1(インスリン様成長因子)、bFG(繊維芽細胞成長因子)などの育毛を促進する各成分が多量に含まれており、これを皮膚下に注入する事で休止状態や成長期の毛母細胞を活性化させ、発毛の効果を得る事ができるのです。
また、せっかく幹細胞から抽出したタンパクで発毛を促しても栄養を与えなくては毛髪は育ちません。
上記の成分はあくまで発毛を促すスイッチ的な役割でしかなく、毛髪を増やす為には毛母細胞への十分な栄養の供給が不可欠となる為、幹細胞から抽出したタンパクの成分の他にコエンザイムQ10やヒアルロン酸、銅ペプチド、フィナステリド、総合ビタミンなどの薬剤を別途投与する必要があり、それらが互いに効果を助長し合って、初めて育毛が成立するのです。
従来の育毛メソセラピーの方法は注射器を用いて頭皮に直に幹細胞から抽出したタンパクや栄養成分を浸透させる方法がメインでしたが、最近ではこの方法は痛みを伴う場合が多く、また医師が直接手で行う為毛根の深さに対して注射針の浸透する加減にムラがあり患者によって効果に個人差がある為、やがて注射針を使わずに薬液を頭皮へ浸透させる技術が主流となりました。
また、治療の際は薬液を浸透させる為に育毛したい場所の髪の毛を短くする必要がありますが、クリニックに相談すればウィッグを装着してくれるので同僚や知人に気づかれる事無くこっそりと髪の毛を増やす事ができます。
施術回数や料金もぐっと手軽になり、各クリニックがホームページににて治療内容や施術の流れなどを写真付きで掲載しているので自分のライフスタイルや生活環境、収入などに合わせたクリニックやプランを探す事が容易になりました。
インターネットでは各クリニックの育毛メソセラピーを比較しているサイトや、口コミを掲載しているサイトもあるので、そういった情報を参考にしてみるのもいいですし、クリニックのサイトには実際の口コミや患者のビフォアアフターを掲載している所が数多くあるので、通おうと思うクリニックがあるならばそういった点もチェックして信頼できるクリニックを選ぶべきだと思います。

人間は初対面の際、第一印象を決定するのは十割が見た目であり、どんなに人柄が良くても短時間で相手に自分を深く印象付けなくてはならない面接や婚活の場面ではどうしても第一印象が物を言いますが、そんな時髪の毛が薄いというのは相手に対してみずぼらしい印象を与えがちですし、改善できる方法があるならば改善するに越した事はないでしょう。
髪の毛を増やしたいけれど植毛には抵抗がある、けれど自分の印象を変えたい、そんな患者の為に開発されたのが、リスクが少なく、頭皮に栄養成分を与える事で自然な育毛を実現する育毛メソセラピーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です